小学2年生で歯肉炎!?虫歯にならないように頑張っていたと思ったのに・・・こんなところに落とし穴が・・・。

f:id:for-mom:20180820113008j:plain

「歯が痛いー」と言う娘。

えっ?虫歯?!

 

見ても、よくわからず(黒くはなっていません。)茶色くなっているかも・・・。これかな??それともこれ??と思う感じでした。

 

我が家は、虫歯にならないように気を使っている方だと思っていました。

 

定期健診で通っていた歯医者さんに即電話。

予約枠はいっぱいでしたが、緊急枠で入れてもらうことに。。

(平日も夜8時までやっているとてもありがたい歯医者さんです。)

 

歯医者さんに向かう途中でも、

あー。何がダメだったかなー。気を使っていたつもりだけど・・。

と悶々としてしまう私。

 

夏休み、孫に甘いじいちゃんが、孫にせがまれアイスを食べさせたのが原因か??

そのあとは、うがいも、歯磨きもせずにいたのか・・・?

などなど、人のせいにしつつも虫歯の原因を考えていました。(父、ごめんね。)

 

歯医者さんに到着後、

先生にどこが痛い?と聞かれ、娘がココとココです。と答える娘。

 

あれ?私に言っていたところと違うところも話している・・・。

その部分は初耳ですけど?そんなに虫歯が??

と焦りと驚きながらも一緒に聞いていました。

 

すると、先生から思いがけない一言が。

「歯肉炎だね~」

 えっ?歯肉炎?虫歯じゃなくて??

お母さん、ここわかる~?と歯茎の部分を指して先生が説明してくれます。

ここの部分(歯茎)の部分白くなっているの、これちょっと腫れている部分ね~。

 

・・・・。

腫れているとわからなかった・・・。

 


|

(.+)

|

「歯肉炎」とは、歯ぐきが炎症を起こして、赤く腫れたり出血したりする状態で、放置しておくと「歯周病」につながってしまいます。(※「歯周病」は、悪化してしまうと歯周組織が破壊され、元には戻らず、結果として歯が抜け落ちてしまいます。その他にも、身体へも害を及ぼすことが分かってきました。

子どもの歯肉炎が急増中!? | 横浜 子供歯科 都筑キッズデンタルランド

|

(.+)

|

歯と歯ぐきの間に溜まったプラーク(歯垢)が原因です。

特に、歯が生え変わる時期のお子さんのお口の中は、乳歯と永久歯が混在している状態で、抜けている箇所もあれば、デコボコな箇所、隙間が見られます。歯ブラシを上手く歯や歯と歯の間などにあてられず、磨き残しができやすくなり、それが歯肉炎の原因となります。

子どもの歯肉炎が急増中!? | 横浜 子供歯科 都筑キッズデンタルランド

 

歯肉炎の原因は、磨き残し。 

歯の生え変わり時期はどうしても、磨き残しがあったりするため、歯肉炎になりやすいと先生からも言われました。

 

私としては、今も仕上げ磨きをしていたのにと思っていましたが、歯と歯茎の間を重点的に磨くようにとのアドバイスを受けました。

ただし、強く磨きすぎると、歯茎も傷めてしまうので気を付けてね。

とのことでした。

 

|

(.+)

|

先生のお話から、歯肉炎を見分けるポイントとしては

 

・ハミガキをした時に、血がでていないか?

・歯茎がぷにぷにしていないか?盛り上がっていないか?色は赤色や白色。

・歯茎が痒いと話していないか?

 

だそうです。

 

平成23年 歯科疾患実態調査(厚生労働省)のデータでは

5歳~14歳の4割が歯肉炎というデータも!

小学生の4割が歯肉炎!?生えかわり期の子どもの歯磨きが大切なワケ | ウェルラボ | ウーマンウェルネス研究会

こんなに多いとは、私のように気づいていないお母さんもいるかもしれない。と思いました。

 

先生は、仕上げ磨きを卒業するご家庭が2年生から3年生で多いですが、できれば10歳(4年生~5年生?)くらいまでは仕上げ磨きをしてほしいですと言われました。

 

そして、娘の今の歯茎の状態であれば、磨き方を変えればすぐによくなりますよ。と言われ、少し安心しました。

 

娘も歯科衛生士さんからの歯磨き指導で、歯の磨き方を再度教えてもらい、現在実践中です。

 

私も、仕上げ磨きは、歯茎のあたりを重点的にやさしく、やさしく磨くようにしています。

 

歯について、わかりやすいサイトもありました!

ちなみにこのサイトの問題・・・私は不正解。

だから娘の歯茎がおかしいの気づかなかったのか・・・と反省しました。

www.lion-dent-health.or.jp

虫歯には気を付けているご家庭は多いと思いますが、

歯肉炎!こちらも注意してみてください!

 

for-mom.hatenablog.com

for-mom.hatenablog.com

for-mom.hatenablog.com

 

 

 

この記事を書いた人

◎profile

エイターママ

小学2年生(娘)の母。両家の祖父母が遠方なため、典型的な核家族

待機児童問題でメディアに取り上げられることが少なくなっている小1の壁が山脈のように続き2年生でも乗り切れるか心配。

壁は越えることができなかったけど周りに助けてもらいながらなんとか、山脈を登っている途中。2年になっても登りきれませんでした・・・。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事