最初はグー!イタリアちょうすけ・・・ん?イタリア?いかりやじゃなくて?最近の最初はグーから始まる歌にびっくり!

 

f:id:for-mom:20180217173203j:plain

我が家では、何かを決めるときには「じゃんけん」をして決めることが多いです。

兄妹のどちらかにお手伝いを頼みたいとき。

分けなさいと言って渡したおやつが奇数個だったとき。

色々なケーキを1ピースずつ購入した後は、一家全員参加でじゃんけんです!

子どもだからって、我が家では優先してあげません……弱肉強食です(笑)

 

その時の掛け声は、決まって

「最初はグー! じゃんけんポン!!」

だったのですが、子どものころ、もっと長い掛け声を使っていませんでしたか?

 

先日、晩御飯の支度をしているときにピンポンが鳴り、

インターフォンで出ると宅急便のお兄さん。

 

テレビを見ていた兄妹に、荷物の引き取りをお願いしたところ、

いつもどおりじゃんけんが始まりました。

 

 

「最初はグー、またまたグー」(お、懐かしいな。今どきの子も言うんだな~)

「ハンバーグー!」(うんうん、そうだったそうだった)

「イタリアちょーすけ」 (?!)

「ぺんぺんあいーん」(え???)

「正義は勝つ!とは限らない!」(えぇぇええ~?!)

「じゃんけん……」 

 

「ちょっと待って!!!」

 

2人のじゃんけんを、思わずストップさせてしまいました。

 

その後、とりあえず長男に大急ぎで宅急便を受け取ってもらい、再度確認。

 

「もう一回最初からやってみて」

 

「最初はグー、またまたグー、ハンバーグー、イタリア……」

「はいストップ!」

「なんで?」

「チョーさんは、イタリアじゃなくて、いかりや。いかりや長介って人で、ドリフターズのリーダーだから」

ドリフターズって何?」

「イタリアちょーすけって人の名前なの?」

子どもたちは、ドリフ大爆笑を知らないのはもちろん、いかりや長介が人名だともわからないよう。

 

そこで、Youtubeで映像を見せながら説明(懐かしいネタがたくさんありました。今度じっくり見ようと思います!)。

 

「あ、サカナクション新宝島みたい~」と長女。

そうか、新宝島のPVがドリフOPのパロディだって、

この子たちは分からないんだ、と時間の経過と少しのさみしさを感じる私。

 

更に、チョーさんは俳優としても活躍されていたことや、既に亡くなっていることを説明。

 

「続きはなんだっけ?」

「ぺんぺんあいーん」

「はいストップ!」

「また?」

「だって、アイーンは、志村けんのネタでしょ。なんでイタリア(ほんとは『いかりや』だと思いますが)長介の後にアイーンなの?」

「知らな~い」

……まぁ、そりゃそうか。

 

志村けんさんについても、お笑いのイメージはなく、子どもたちにとっては「動物園(志村動物園)の人」のようです。

 

(変なおじさんや「だいじょーぶだぁ!」「だっふんだ」で笑ったことがないなんて……!!)

 

ちなみに、「正義は勝つ!とは限らない!」

なんで

「限らない」が付くのかの理由も知らないようでした。

 

私が子どものころは、

「最初はグー、またまたグー、ハンバーグ―、いかりや長介あたまがパー(これも今聞くとアレですね)、正義は勝つ! じゃんけんポン!」
でした。

 

あたまがパーの時はパーを、正義は勝つの時はチョキを出しながらやってました。

これも、地域差や年代差がありそうですね~。

みなさまが子どものころは、どんなじゃんけんしてましたか??

 

私たちが子どものころに遊んだり、使ったりしたゲームや言葉は、少し形を変えながらも、今も残っているよう。

 

個人的には

「ど・れ・に・し・よ・う・か・な~、か・み・さ・ま・の・い・う・と・お・り……」

 

の続きも、最近はどういうのか気になっているので、今度ちょっと調べてみたいと思います~。

 

 

 

 この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学4年生の息子と2年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わっている兼業主婦。

2人の小学生の相手は仕事より大変・・・ですが、最近は2人ともだんだんお手伝いをしてくれるようになり、少〜し楽になって来た今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事