アラフォー世代はぜひ!映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が面白い!

f:id:for-mom:20190528102135j:plain

お題「最近見た映画」

映画館ではみれず、待ちに待ったレンタル開始。

やっぱり見れてよかった!

 

 

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは

SUNNY 強い気持ち・強い愛』(サニー つよいきもち つよいあい)は、2018年8月31日に全国東宝系にて公開された日本映画。監督は大根仁、主演は篠原涼子

2011年公開の韓国映画サニー 永遠の仲間たち』の日本リメイク作品。オリジナルでは1980年代後半だった舞台を1990年代後半に置き、コギャルなど日本版としてのアレンジが加えられている

https://ja.wikipedia.org/wiki/SUNNY_%E5%BC%B7%E3%81%84%E6%B0%97%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%83%BB%E5%BC%B7%E3%81%84%E6%84%9B

sunny-movie.jp

あらすじ

90年代、仲良しだった女子高生グループ「SUNNY」のメンバーたち。あれから20年以上経ち大人になった彼女たち6人はそれぞれに問題を抱えながらも生活をしていた。その中の一人、今は普通の主婦となった奈美は同じメンバーの芹香が末期がんに冒され、余命1ヶ月を宣告されている事を知る。実は、ある事件をきっかけに疎遠になってしまった彼女たちだったが、芹香のもう一度SUNNYのメンバーに会いたいという願いをかなえるため、奈美はSUNNYのメンバーを捜し始める。 

https://ja.wikipedia.org/wiki/SUNNY_%E5%BC%B7%E3%81%84%E6%B0%97%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%83%BB%E5%BC%B7%E3%81%84%E6%84%9B

 

正直、田舎の高校生だった私は、コギャルでもなく、

せいぜい、スカートを短くして、ルーズソックスを履いて、ポケベルを持って、厚底ブーツを履いていたくらい。

eggも存在は知っていたけど、読んでいませんでした。

ガングロも、テレビで見るくらいで学校にもいませんでした。

それでも映画に映っていた世界は、ビジュアルの再現度がものすごく高いと思いました。

 

プリクラの機械も当時のものが北海道のゲームセンターに残っていて取り寄せたという話を大根監督がなにかのテレビ番組で語っていました。

 

プリクラ、今ではすごい機能がついていますが、当時は今のような機能がついてませんでしたが、あればみんなで撮っていました。

 

とにかく懐かしい。懐かしい。懐かしい。

そうそう、そうだった。そうだった。と思うところばかり。

 

本当に高校生が世の中を動かしていた時代だったように思います。

 

 

キャストがこれまた、すごい。

sunny-movie.jp

 

 90年代と2018年の自分、同じ役名で2人の女優さんが演じるのですが、これまたすごい。どうしてこんなに再現度が高いのというくらい、違う女優さんのにそっくりなの!

 

阿部奈美役広瀬すずさんが白目でブチ切れる姿・・・可愛くてきれいなイメージを持っていた私はビックリ!

あんなにぶっ飛んだ感じ。。印象がガラリと変わりました。

成長した姿が篠原涼子さん。高校時代の印象を残しつつも大人なった姿をとても素敵に演じられていました。娘さんの制服を着て熱唱している姿もかわいかった。

 

裕子

小池栄子さんの高校生時代は野田美桜さん
ブチキレ具合が2人も同じ!野田美桜さん演じる裕子のうるさい感じがまさに90年代の高校生!!!

 

 

心役

ともさかりえさんの高校生時代は田辺桃子さん

この二人のシンクロ率すごく高かった。

そして、こんな子いたいた!!と90年代を彷彿とさせる田辺桃子さん。

 

梅役

渡辺直美さんの高校生時代は富田望生さん

もう言うことなし。ほんと言うことなし。

 

芹香

板谷由夏さんの高校時代は山本舞香さん

山本舞香さんは本当にキレイですね。

こんな素敵なリーダーがいたらいいな~と思いました。

成長したらこんな感じがぴったりでした。板谷由夏さん。

 

奈々

高校生役は池田エライザさん

とにかくミステリアス。大人になった配役が気になって気になって。

あーなるほどってなりました。

 

流れてくる曲も、もう、もう最高で・・・。

-----------------------------

LA・LA・LA LOVE SONG / 久保田利伸(1996年)
CANDY GIRL / hitomi(1995年)
やさしい気持ち / Chara(1997年)
EZ DO DANCE / trf(1993年)
ぼくたちの失敗 / 森田童子(1993年)
これが私の生きる道 / PUFFY(1996年)
そばかす / JUDY AND MARY(1996年)
survival dAnce~no no cry more~ / trf(1994年)
Don't wanna cry / 安室奈美恵(1996年)
強い気持ち・強い愛 / 小沢健二(1995年)
SWEET 19 BLUES / 安室奈美恵(1996年)

-----------------------------

全部熱唱できる(笑)

 

本当に、

もう1回見よう。と思える映画でした。

面白かった!

ストレス発散にもなりました!

 

そして、2回目は娘と一緒に。

ママこんな感じだったの!?と言われて。

違う(笑)

でもこの時代を生きていてすごく懐かしいの。

と話をしました。

あの靴下なに?ルーズソックスっていってね。。とか

どうしてみんな日焼けしているの?とか

あるあるの質問にひとつひとつ答えていくのも楽しかったです。

 

そして、勢いづいて高校の友達に連絡してしまいました(笑)

高校教師をしている友人は、今の高校生をみています。

変わらないよ。私たちの時と^^

と懐かしそうに、そして楽しそうに話してくれました。

 

とても懐かしくそして友達について考えさせられました。

 

おススメです!

www.mamahiroba.comwww.mamahiroba.comwww.mamahiroba.comwww.mamahiroba.com 

この記事を書いた人

◎profile

エイターママ

小学3年生(娘)の母。両家の祖父母が遠方なため、典型的な核家族

習い事の精査や塾決めなど、教育面での悩み事が増えてきています。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事