『三度目の正直』じゃなく『二度あることは三度ある』だった小3娘。

我が家の小3娘。

以前から「なんでそんなことしちゃうの~!??」という事をしてしまう娘でした。



過去、自分の前髪を工作用のハサミで切ること2回。

■1年生のとき

長くなった前髪が気になったようで前髪の真ん中をバサリ。

(美容院で切り揃えられる長さが残っていてよかった…)

■2年生のとき

なぜか前髪の端を片方だけめちゃくちゃ短くバサリ。たぶん残り1~2㎝。

(片方だけ短すぎて、美容師さんを困らせる。結局、斜めにバッサリ切って『オシャレでやってます風』にしてもらった)

もうしないと思ってたのに…。

もうしないって約束したのに…。

やりました。

今回は前髪でなく襟足…。

f:id:for-mom:20190701105104j:plain

数日前、髪をポニーテールに結んであげようとしていて異変に気づきました。

「えッ!?なんで?なんでここだけこんな短いの??」

やばい!という感じで襟足を隠す娘。

そして、ピンときました。



この数日前の朝、学校へ行く前に自分で髪を結んだ娘。

二つ結びにした髪を三つ編みにし、それを頭のてっぺんでピンで留めて

「ママ見て~!自分で結んだ!しおり(マジマジョピュアーズに出てくる女の子)の髪型みたいでしょ?」

お世辞にもしおりちゃんの髪型にはなっていなかったけど、1人でがんばって結んだ娘。

「すごいじゃ~ん!上手にできたね。」

と言った後、襟足の毛が少し落ちて残っていたのに気づいてしまい、つい言ってしまいました。

「あ、ここ少し髪が残ってる…。でも、もう学校行く時間だし今日はこのままで行くしかないね!ママももう行かないといけないから直せない!」

と言い、娘も

「うん、わかった~」

言っていました。

でも、気になったんでしょうね~~~。

「いつの間に切ったの??どこで?」と聞くと

「学校行く前に家で切った」と。



全ッ然気付かなかった!!

そして、呆れながら怒る私に

「ママがあのとき(髪が残ってると)言わなきゃやらなかったのに!ママのせいだから」と。

もう、怒る気も失せました…。

週末、いつもの美容院へ行きましたが、さすがの美容師さんも今回はお手上げでした。

「伸びるのを待つしかないね~」と。

いっそのことショートカットにしたら?とも提案しましたが、娘は「結べる長さじゃないとイヤ!」と断固拒否。

これから夏本番。

髪を結ばずにはいられない時期。

あの短い襟足が隠せなくて恥ずかしいだろうけど、まぁそこは自己責任ということで放っておこうと思います。

はぁ、なんで切っちゃうかな~~~。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事