スマホゲーム『荒野行動』の罠! 死ぬほど恥ずかしかった… ~私のライフ、ゼロになりました~

f:id:for-mom:20180911105950j:plain

みなさんは「荒野行動」というゲームアプリを知っていますか?
現在長男(小5)が友達と夢中になって遊んでいるゲームです。
ネット上でやるサバイバルゲームのような感じのゲームで、100人で最後の一人になるまで戦う、バトルロワイヤル的なバトルゲームだそう。
戦地に降り立ち、辺りを捜索して武器やウェア、アイテムなどを集めながら敵を倒していくらしい。
チーム対抗でも遊べるらしく、長男たちは楽しくて仕方のないよう。
ゲームに関して伝聞形式なのは、私自身はあまり興味がなく、やったこともないので、長男と友達が楽しく遊ぶ分には放っておこうと思っていたからです。
ところが…

 

 

|

(.+)

|

話しは変わりますが、家事って、気分が乗らない時期がありませんか?
私は、基本的に料理は好きな方なのですが、どうしても「献立が思いつかない」「何もかもが面倒」な気分になり、作業が続かなくなる時期・・・命名『ダラ期』があります。
(ダラ期には料理ダラ期の他、掃除ダラ期(通年カモ?)、洗濯物たたみダラ期などがあり、それぞれ定期的に訪れます(笑))
まさに今が料理ダラ期で、暑さのせいもあり、「今日は麺類(丼類)でいっかぁ~」が続いていました。

ところが。
Alexaにお気に入りの音楽をかけてもらい、1人カラオケばりに大声で歌いながら動くと、ダラ期であってもそれなりに動けることに気付いたのです!
私の青春時代といえる90年代の音楽を中心に、大きな声で歌い、たまにちょっと踊ったりしながら(誰に見られるわけでもないし、いっか~)的な気分でご飯の準備をする日々。
流す音楽は、小室世代の歌(安室ちゃんやTRF)→PUFFY→ドリカムなどを経て、最近のお気に入りは竹内まりや
「元気を出して~♪」
と、それはもう、気持ちよ~くノリッノリで歌っていたのです。
その日は、私はキッチンでノリノリ、長男はリビングで荒野行動、長女は自分の部屋といった感じで、晩御飯ができるまでを過ごしておりました。

 

 

|

(.+)

|

お皿を並べ、盛り付け、箸を用意して……と、全てが面倒に感じるダラ期であっても、歌があれば、まりやがいてくれれば、てきぱき動ける!

「もうすぐご飯だから、ゲームはそこまでね~」
「じゃあ、このバトルで最後にする」
と長男と会話をした直後。

「ゴホゴホッ」
と、とてもリアルな中年男性っぽい咳払いの音が。

主人はまだ帰宅してないし、どこから?
いまどきのスマホゲームって、こんなにリアルな音がするの……?
不思議に思っていると。

「ははっ。○○のお父さん、咳デカすぎ」
と長男。

え?
え??
……えぇ~っ??!!?

「ちょっと、長男。それ、音どうなってるの?
ま、まさか……○○くんと、音声つながってるの?」
恐る恐る聞くと……

「うん」
さらっと答える長男。
「だって、しゃべんないとチームで戦えないじゃん。作戦言えないし」
……し、信じられない!!!

「ちょ、ちょっと何なの?! そ、そういうことは早く言ってよ~」
「え~、だって特に聞かれてないし」
「てことは何、私の歌声、○○くんに丸聞こえってこと??」
「うん、○○に『なんかお前の母ちゃん歌ってる?』って聞かれたから『うん』って」
!!!

「そういえば○○に曲名聞かれたけど、オレも知らんし、さっきの歌何?」
「曲名とかどうでもいいから、もっと大事なことを先に教えてよー!!!」
は、恥ずかしすぎる!!!
まさに、顔から火が出そうでした……。

 

まさか、スマホゲームで遊びながら会話もできるなんて、思いもよらなかったです。
しかも基本無料のアプリで。
世の中、進んでるんですね……。
本当にまさかのトラップでした。

もしかしたら。。。
○○君だけじゃなく、○○君のご家族にも私の歌声が聞こえちゃったのでは、と思ったのですが。
長男にそれを確かめる勇気は、私にはありませんでした……。
もうライフはゼロです!!!
みなさまも、お気を付け下さいませ。

 

for-mom.hatenablog.comfor-mom.hatenablog.com

 

この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学5年生の息子と3年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わっている兼業主婦。

2人の小学生の相手は仕事より大変・・・ですが、最近は2人ともだんだんお手伝いをしてくれるようになり、少〜し楽になって来た今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事