我が家にドローン襲来!プログラミングで操縦できるトイドローンに子供たちは大喜び!でも…これって何に使うの?

「今日、宅急便届いてなかった?」
帰宅早々、なんだかそわそわしている主人。
「あ、ごめん。まだボックス見てない」
我が家には宅配ボックスが置いてあるのですが、何かとその確認を怠ってしまう私。
帰りに買い物していたりして荷物が多かったり、郵便物を持っていたりすると、いちいち確認するのが面倒で、ついつい後回しにしてしまいます。
「じゃあ、長男見てきてくれる?」
主人に言われ、ダッシュで階段を下りていく長男。
「……何か買ったの?」
と主人に尋ねると、彼はニヤリと笑って
「い・い・も・の!」
と一言。
……ちょっとした既視感。
この感じ、彼が突如amazon echo plusを買ってきたときにそっくり!!

www.mamahiroba.com

 

きっと、また何か新しいものかったんだろうな……と、確信に似た予感がありました(笑)

「パパ、あったよ!」
長男が段ボール箱を持って駆け上がってきました。
家族4人の注目が集まる中、段ボールに入っていたのは……。

f:id:for-mom:20190415155930j:plain

こちらと。

f:id:for-mom:20190415155949j:plain

そのコントローラーらしきコチラ。

ラジコン???
小さくて、とっても軽い。
言っちゃなんだけど、ちゃっちい感じ?
「何これ」
と聞くと、
「ドローンだよ!!」
となぜか誇らしげな主人。
ドローン?
amazonが荷物配達に使うとか、空撮するのにいいとか聞いたことはありますが、このちっちゃいのが?

……というか、そもそもこれって我が家に必要なの? なんに使うんだろ??
冷めた私の視線をよそに、「このトイドローンのすごさ」を熱く語り出す主人。
高度や飛距離、撮影できる動画や画像の画質について。
そして、ドローンは飛行するものなので、航空法によって規制されているそうなのですが、このTelloというドローンは重量が200g以下のため、その規制外で飛ばせるらしい。
(それでも都内の公園などはほぼ禁止で、結構厳しい規制があるようでした) 

無人航空機を飛行させる際の飛行ルール(http://www.mlit.go.jp/common/001110369.pdf

 

 

このドローン、アプリをスマホにダウンロードして、本体をUSBで充電すれば、すぐに飛ばせるとのこと。
「あれ。スマホで操縦できるんなら、コントローラーいらないんじゃないの?」
「うん。でもさ、操縦桿があるほうが、それっぽくない?」
「わかる! オレもやってみたい!!」
「……」
何やら男同士で盛り上がる主人と長男。
う~ん、わかんない!!

 

早速、家の中を飛ばしてみることに。
こちらのドローンは、高度維持機能があるとのことで、初心者でも操縦しやすいらしい。
スイッチを入れると、大きな蜂が飛んでいるような音とともに、垂直に上がる機体。
確かに、高さを維持しながら飛んでいます。

f:id:for-mom:20190415160251j:plain

ギリギリ電気にぶつからない高さを維持して、前後左右に軽快に進むドローン。
それにしても、この小さな機体なのに、下方に吹く風がすごい!
ヘリコプターってすごい風を巻き起こすイメージがありますが、こんな小さなプロペラでも風が起こるものなんですね。
リビングで宿題をしていた長女のプリントが飛んで、彼女はちょっと迷惑そう(笑)。
「すごい、飛んだね~。でもこれって、何に使うつもりなの?」
「え? あ、真夏に部屋の中を飛ばしたら、扇風機代わりになって涼しいんじゃない?」
……予想の斜め上過ぎる主人からの答え。
なんも考えてなかったんかい!!
「いいんだよ、こういうのは男のロマンなんだからさ」
そういわれても、私にはわからなかったです。。。

 

その後、ドローンは廊下に出て階段昇降に挑戦。
スマホにドローンのカメラの映像が映るので、本体が見えなくなっても操縦はできるよう。

f:id:for-mom:20190415160309j:plain

買ったコントローラーにスマホを設置して使うとこんな感じ。

ボタンが光るのも、「かっこいい!」と長男は嬉しそうでした。
家の中を飛ばしているうちに、あっという間に13分の飛行時間は終わり、バッテリー切れ。
その日は、飛ばす⇒充電を何度も繰り返し、主人と長男はめっちゃ楽しそう。
途中で長女も加わり、キャーキャー言いながら操縦を楽しんでいました。

 

今度は天気の良い、風のあまりない日に、外を飛ばしてみるそうです。
すてきな写真や映像が取れたら、またご報告したいと思います!
もうちょっと早く来れば、桜の木の上を飛ばしてみたかったですね~。
でも、外で飛ばして、風に煽られて落下したら、一瞬でパーになってしまうんじゃという気も。

ちなみに、私はラジコン関係の操縦がド下手。
更に、以前科学館でフライトシミュレーターにチャレンジした際に、離陸時と着陸時に2回も墜落事故を起こした経験があります。
着陸時はともかく、離陸時の失敗はあまりないらしく、係の方がやり直しさせてくれたほど(笑)
そのため、今回のドローンはちょっと触ってみたいけど、壊しそうなので触ってません。

 

また、このドローンはどうやら子どもたちがハマっているScratchというプログラミングでも動かせるらしく、主人と長男はもう夢中。
母としては、
『おもちゃにしては高額だし、何の役に立つのか……??』
という気がしないでもないですが、この小さな機体に技術や未来がいっぱい詰まっているのは何となくわかります。
私にはあまりピンときませんが『男のロマン』ってやつなんでしょうかね~。
でもお子さん(特に飛行機系が好きな男の子!)は大喜びすると思います。
ただ飛ばすだけではなく、映像が取れて自分で確認できるところが楽しいよう。
プログラミングでコントロールできるところも長男にとってはドストライクみたいです。
飛行機やメカ好きで、プログラミングに興味のあるお子さんにはめっちゃおすすめです!!

 www.mamahiroba.comwww.mamahiroba.comwww.mamahiroba.com

www.mamahiroba.com

 


この記事を書いた人

◎profile

チャリダー主婦

 

小学6年生の息子と4年生の娘を持ち、化粧品の開発に携わる兼業主婦。

最近は子供達が手伝ってくれることや任せられることも増え、2人とも手がかからなくなってきましたが、思春期が近くなったせいか、子育てに新たな悩みが増えてきた今日この頃です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事