視覚優位としまじろう(低緊張、ちょっと落ち着きのない我が家の年中男子)


低緊張、ちょっと落ち着きのない我が家の年中男子は、視覚優位。

注意しても注意してもなかなか言うことをきいてくれませんが、目で見たものは強い関心をもってくれます。

そこで体験DVDに興味をもったので、

年少になったころ、あの「しまじろう」をはじめました。

ワークやおもちゃもよいのですが、

年少初期に一番にお世話になったのはやっぱり

DVDとアプリの「しまじろうTV」です。


 

なんとなく適当なアニメや動画をみせるより「しまじろう」なら罪悪感も少ないのも親としてのメリット(汗)。

仕事帰りの夕飯までの間、よく見せていました。

 

視覚優位な我が家の長男は「しまじろう」を通して、

年少さんが身につけたいルールや知識を勝手に学んでおりました。

特にお世話になったのは「トイレ!」。

年少の夏、ちょっと古い病院に行ったところ、突然の「う○ち!」発言。。

でも、探しても探しても洋式のトイレはなく、和式しかない!

和式のやり方なんて教えたことない・・・と絶望しかけたところ

「しまじろうがやってたからこのトイレでやる!」といってちゃんとしゃがんででき、ことがすみました。

 

いまだにこの時ほど「しまじろう」に感謝したことはありません。


今では年少の時ほどは見てはいませんが、

教材が来ると2週間は毎日DVDを見てほぼ内容を覚えます。

また、すごろくやカードめくりなどの教材はDVDを通してルールや使い方を理解できるのでとても助かります。

簡単な足し算やグループ分けなども動画で説明してくれるので理解しやすそうです。

そして、最近ではゲーム要素もあり、答えはどっち?と

リモコン片手に楽しそうにやっています。

合わせて届くワークブックも積極的にやっているので、

会話や言葉での理解は難しくても目で見ると理解できるんだなー、としみじみ思います。

 

「しまじろう」がなかったら、もっともっと知的な遅れを感じたんじゃないかな、

と思うので本当に「しまじろうさまさま」と思って、

これからもこどもチャレンジを続けたいと思っています。オススメ☆

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事